インプラント矯正とは

歯を移動させるためには、力をかけるための固定源が必要となります。
今までは、動かす歯の周囲の歯・口腔内ゴム・ヘッドギア等を固定源として使用してきました。

インプラント矯正では矯正歯科用に作られたインプラントを顎の骨に埋め込み固定源として使用します。
その事により、今までの矯正治療では難しかった歯の動きや、外科手術(顎を切る等)が必要な患者様の治療も可能にしたり、治療期間の短縮や非抜歯矯正の可能性の拡大等、患者様の治療協力の軽減等が行える治療法です。
矯正歯科用のインプラントは歯の移動の為だけに作られているので、歯の移動方向や移動量等に合わせ様々な部位に植立できる様になっています。

インプラントを併用する矯正治療の適応ケース

矯正用インプラント

矯正歯科用に作られたインプラント

矯正用インプラントは直径1~2mm、長さは6~10mm前後の小さなスクリュー状のものです。
材質は人工関節・人工歯根に使用にも使われるチタン製ですので、人体への為害性はなく安全な材料です。

一般的な移動による作用と反作用

一般的な移動による作用と反作用

抜歯スペースを閉鎖する際に前歯と奥歯で綱引きのように引っぱり合ってしまい、前歯は約70%後退し、奥歯は約30%前に移動する事になります。

インプラントによる移動の利点1

インプラントによる移動の利点1

矯正用インプラントで奥歯を固定して抜歯スペースを閉鎖する事で前歯は100%後退する事が出来ます。

インプラントによる移動の利点2

インプラントによる移動の利点2

前歯をできるだけ後退させたいケースでは通常4番目の歯を抜歯しますが、4番の歯が健康で5番目の歯が不健康(歯の神経が無い・根に病巣がある等)な場合、インプラントを併用すれば5番目の歯を抜歯して前歯を100%後退することが出来ます。

メリット・デメリット

メリット・デメリット
メリット デメリット
  • 治療期間が短くなる事が多い。
  • 矯正歯科の治療上、症状によっては取り外しの装置等を使って頂く事もありますが、こういった患者様のご協力が最小限ですみます。
  • 抜かない治療の幅が広がります。
  • 外科手術が適応の場合でも手術なしでの治療が可能な事があります。
インプラントを埋入する必要があります。
埋め込む場所やインプラントの種類は症状や目的により異なりますが埋入部位は重要組織(太い血管や神経等)が無い部分に埋め込みますのでそういった意味での危険性は非常に低いです。