インビザラインとは

コンピュータを用いて歯の移動を三次元的にシュミレートし、透明な取り外し可能な装置(マウスピースのようなもの)をいくつか作成し、治療終了まで順次取り替えていきます。
ブラケットやワイヤーを使用せずに歯の並びを治す新しい治療方法です!食事や歯磨き時にご自由に装置の取り外しが可能ですが、装着時間の目安は必ずお守りください。

インビザライン・システム

透明という選択肢

透明という選択肢

インビザライン・システムであれば、透明なので、矯正治療中であっても笑顔を見せる事ができます。相手に伝えない限り、誰も治療を受けている事に気づかないでしょう。透明で取り外しが可能なマウスピース「インビザライン・アライナー」を順次装着することで、きれいな歯並びへと変化を遂げて行きます。インビザライン・アライナーは約2週間ごとに新しいものに交換します。少しずつ歯が移動するにつれて、理想的な笑顔へと近づいて行く事でしょう。

自分で取り外し可能、しかも快適

自分で取り外し可能、しかも快適

インビザライン・アライナーの装着は違和感が少ないので、日頃の多忙なライフスタイルにも支障がありません。受診のたびに、治療の進行状況を確認し、新しいインビザライン・アライナーを受け取ります。自分で簡単に取り外し可能なので、食生活もこれまで通りです。歯磨きやフロスにも全く影響がないので、歯と歯周組織をこれまで通り健康に保つ事が出来ます。

メリット・デメリット

メリット・デメリット
メリット デメリット
  • 自由に装置の取り外しが可能なため、食事の妨げにならず、歯磨きもきちんと行えます。
  • 装置が透明で目立ちません。
  • ブラケットやワイヤーを使用しないため、口腔内を傷つけず、口内炎になりにくいです。
  • 初診時の模型ですべての型を作成でき、毎回の型取りの必要がありません。
  • 金属アレルギーの方でも問題ありません。
治療可能な症例に制限があります。
※歯のがたつきが強く、抜歯が必要な症例や上下のアゴの位置に前後、左右のズレのある症例は適しません。ただし、ブラケットを装着する固定式の治療とあわせた治療は可能です。
装着時間を守らない場合は、治療が長引きます。(1日20時間以上)
初診時の模型ですべての型を作成するため、治療段階での虫歯の治療に制限があります。
装置が透明なため着色することがあります。
装置の紛失の可能性があります。