出来るだけ歯を抜かない矯正治療を。

清水矯正歯科

さまざまな歯並びの不正の矯正治療のため、多くの症例では歯を抜いて行いますが、出来るだけ歯を抜かない矯正を勧めております。
歯を抜かない矯正治療の時の、利点と欠点を整理し、患者さんの治療方針を計画します。

出来るだけ歯を抜かない矯正治療のポイント

早めに不正を予測し、今後の成長や発育に障害となる問題を早期に解決することによって、「大きな不正」を「小さな不正」に変化させる事ができます。
場合によって「小さな不正」は、ほとんど目立たないときもあります。矯正治療をすぐに開始するよりも、現在の不正や今後の不正の予想を知っていただくためにも、矯正の専門の医院で相談されることお勧めします。
ただし歯並びの不正の程度や著しい前歯の前突など、症例により歯を抜かなければならない場合もありますので、ご相談ください。
親知らずは必要により抜歯する場合もあります。